2017年08月03日

礼文林道 秋の花の顔ぶれがそろってきました

昼間は気温が20度より高くなり、ちょっと動くと汗をかくような、やっと夏が来た感じの礼文島です。でも今朝の礼文林道は乾いた空気が冷んやりとしていて、秋を感んじました。トウゲブキやチシマワレモコウ、ツリガネニンジンが数を増やし、ハナイカリやイブキジャコスソウなど秋の花が咲き始めました。
キンミズヒキP8030259.jpg
黄色はバラ科のキンミズヒキ、大きいセリ科の花はエゾノヨロイグサ。
キタノコギリソウ17_08_03_0827.jpg
花弁がピンクのキタノコギリソウですが、咲き進むと白っぽくなります。
イブキジャコウソウP8030253.jpg
咲き始めたイブキジャコウソウ。葉は良い香りがします。
ハナイカリP8030251.jpg
ハナイカリ リンドウ科の花です。
レブンウスユキソウ17_08_03_0822.jpg
レブンウスユキソウは最後の小花がまだ開花中のものが多いです。
somami

posted by 花観隊 at 12:15| Comment(0) | 日記

2017年08月02日

元地灯台付近でもツリガネニンジンが開花しました

昨日はカナリアパークから元地灯台を往復してきました。
歩道沿いには夏の終わりを告げる花々に混じり、初夏の花も頑張って咲いていました。SK

turigane170801.jpg
ツリガネニンジン
この花が咲き始めると夏も終わりです。

miso170801.jpg
ミソガワソウ
シソ科の花で、見頃を迎えていました。

kitanoko170801.jpg

ezonoko170801.jpg

エゾノコギリソウ(上)とキタノコギリソウ(下)
礼文島に咲くノコギリソウの仲間は2種類あり、花の色や葉の切れ込みの深さで見分けることができます。

furo170801.jpg
チシマフウロ
初夏の花が咲いていました。後ろのトゲトゲの実はオオダイコンソウ。

kana170801.jpg
カナリアパークは霧に隠れて見えませんでした。
posted by 花観隊 at 14:37| Comment(0) | 日記

2017年08月01日

桃岩展望台は雲海となりました

このところ晴れの日が続いていましたが、昨日の午後は少し重い雲に覆われました。
夕方、あまり期待せずに桃岩展望台に行ってみると、そこには雲海が広がっていました。夕日とあいまりとても美しい風景でした。SK

unkai170731.jpg
雲海に包まれる礼文島
右側の崖の上が桃岩展望台です。

tsuri170731.jpg
ツリガネニンジン
これからが花本番です。

nadeshi170731.jpg
エゾカワラナデシコ
今、見頃を迎えています。

block170731.jpg
ブロッケン現象
薄霧に光がさした時に見られる現象です。

yuyake170731.jpg
夕日がとても綺麗でした。
posted by 花観隊 at 15:12| Comment(0) | 日記