2017年08月06日

レブンソウが花盛り 桃岩展望台コース

レブンソウが今シーズンで一番たくさん花を付けています。この花は6月中旬から咲きますが、いつがピークになるかは年によってかわります。今年は6月にあまり咲かずに、晩夏の今が一番多くなりました。他にもトウゲブキ、ツリガネニンジン、ウメバチソウなどが見頃で、賑やかになってきました。
レブンソウ17_08_06_0849.jpg
レブンソウはマメ科の花で礼文島の固有種です。
ツリガネニンジン17_08_06_0840.jpg
ツリガネニンジンは見頃をむかえた株と、まだまだ蕾が小さい株があり、しばらく楽しめそうです。
チシマフウロ17_08_06_0862.jpg
チシマフウロはまだ名残花も少数咲いていますが、種を飛ばそうちしているものもが多いです。蕾の時と同じようにたくさんの毛に覆われています。
ミヤマオダマキ17_08_06_0855.jpg
ミヤマオダマキ、種の袋が花よような形に割れます。中の黒いタネはもうほとんで散ってしまったようです。
somami
posted by 花観隊 at 14:06| Comment(0) | 日記

2017年08月03日

晴天の桃岩展望台

今日の礼文島も晴れ渡り、(島としては)暑い1日となりました。桃岩展望台からは、海がとても青く澄んで見えました。エゾニュウやエゾノヨロイグサ、オニシモツケなど、大型の白色の花々は盛りを過ぎ、徐々に秋を思わせる風景となってきました。SK

shimotsu170803.jpg
オニシモツケは盛りが過ぎました。

miso170803.jpg
ミソガワソウとエゾニュウ

neko170803.jpg
桃岩展望台からの眺め。

namako170803.jpg
海がとても綺麗で、桃台猫台展望台の近くではナマコ漁が行われていました。

posted by 花観隊 at 17:21| Comment(0) | 日記

礼文滝コースではトウゲブキが見頃です。

礼文滝コースの通称ハイジの丘付近では、レブンウスユキソウが種を結んでいる姿をいくつか見ることができました。また、礼文滝付近ではトウゲブキ、ミソガワソウ、エゾノコギリソウ、イブキジャコウソウなどの秋の花が綺麗に咲いていました。

礼文島では日差しが強い日が続いています。 帽子や水分補給など、熱中症対策をしっかりし、トレッキングをお楽しみください。


P1030544 (480x320).jpg
種を結んだレブンウスユキソウ

P1030583 (480x320).jpg
トウゲブキ

DSC00331 (480x360).jpg
コイチヨウラン
posted by 花観隊 at 15:43| Comment(0) | 日記