2019年08月11日

秋が深まってきた礼文林道

礼文林道ではコエゾゼミが盛んに鳴き、マルハナバチは蜜集めに忙しそう。昆虫の動きを見ると夏が続いている様に思いますが、花の様子を見ると秋が深まっている感じがします。また昆虫の中には吸血するアブも飛び回っているのでお気を付けください。
さて花の様子ですが、ツリガネニンジン、チシマワレモコウ、トウゲブキはピークを過ぎ、ミソガワソウはほぼ終わりでした。レブンウスユキソウもほぼ終わりですが、ドライフラワー状態で星の形はきれいに残っています。ヤマハハコ、ハナイカリは広く咲いていて、ネジバナやウメバチソウは点々と、チシマリンドウは元地口から林を抜けた斜面で開花中です。そして早くもススキの穂が出始め、秋の深まりを感じさせられました。(K.M)
0811rin3 (480x320).jpg
ツリガネニンジンとレブンウスユキソウ
0811rin2 (480x360).jpg
ほぼ咲き終わりのレブンウスユキソウ
0811rin4 (480x360).jpg
チシマリンドウはまだ目立たない
0811rin1 (480x360).jpg
ススキの穂が伸びてきた

posted by 花観隊 at 17:31| Comment(0) | 日記

2019年08月06日

桃岩展望台コースは秋の花で賑わっています

今日の桃岩展望台コースは、時々霧に包まれるすっきりしない天気でしたが、日差しが柔らかくて花を観るのには丁度良い天気でした。
秋の花は開花が早く、エゾノコギリソウ、ツリガネニンジン、ヤマハハコが盛りで、チシマワレモコウ、トウゲブキの花数も多く見られます。そのほか、ウメバチソウ、エゾゴマナ、キンミズヒキ、コウゾリナ、キタノコギリソウ、シオガマギク、レブントウヒレンも開花中です。チシマアザミ、レブンソウ、ミソガワソウの花数は少なくなりました。ハナイカリやイブキジャコウソウ、クサレダマ、シコタンヨモギなどが咲き始めていました。草原はすっかり秋色に変わりました。(K.M)
0806momo2.jpg
トウゲブキと盛りのツリガネニンジン
0806momo3.jpg
盛りになったヤマハハコ
0806momo4.jpg
咲き始めのクサレダマ
0806momo5.jpg
ツリガネニンジンが盛りの斜面
草の葉が色づき始めていた

posted by 花観隊 at 18:39| Comment(0) | 日記

2019年08月03日

コエゾゼミが盛んに鳴いていたゴロタ岬

今朝は穏やかに晴れ、沿岸ではウニ漁の風景が見られました。気温は朝から25℃になり、木陰や屋内に逃げ込みたいくらいの暑さでした。そのため?夏を告げるコエゾゼミの鳴き声があちこちから聞こえ、ゴロタ岬の草原からも大きな鳴き声が聞こえてきました。
ゴロタ岬北側の花の様子は、エゾノコギリソウやツリガネニンジン、トウゲブキが見頃で、特にツリガネニンジンが多数見られます。また、秋の後半に見頃を迎えるカラフトニンジン、コガネギクが咲き始めていました。チシマアザミは残りわずかで、花期がすっかり終わっているはずのレブンシオガマやチシマフウロも咲き残っていました。そのほか、エゾカワラナデシコ、チシマワレモコウ、ウメバチソウ、クルマバナ、エゾゴマナ、キタノコギリソウなどが開花中です。(K.M)
0803goro1.JPG
ゴロタ岬山頂からの風景
0803goro2.JPG
ゴロタ岬中腹からの風景
0803goro6.JPG
見頃のエゾノコギリソウとツリガネニンジン
0803goro5.JPG
咲き残っていたレブンシオガマ

posted by 花観隊 at 17:56| Comment(0) | 日記