2019年08月28日

レブンウスユキソウ群生地の草紅葉

レブンウスユキソウ群生地の草原の葉は枯れたり、赤や黄色に色づき秋の深まりを感じさせます。群生地周辺ではイブキジャコウソウ、ウメバチソウ、チシマワレモコウの花は比較的多く、ツリガネニンジン、トウゲブキ、キタノコギリソウ、シオガマギク、チシマリンドウ、ハナイカリ、オトギリソウ、カラフトニンジンなどの花は少なめですが、草紅葉とドライフラワー状態のレブンウスユキソウやススキの穂と合わせて景色を楽しんでみてください。(K.M)
P1160024 (480x320).jpg
チシマリンドウとレブンウスユキソウ
P1160032 (480x320).jpg
草紅葉の中に咲くイブキジャコウソウ
P1150810 (480x320).jpg
蕾を残したチシマワレモコウ
_1170781 (480x321).jpg
レブンウスユキソウ群生地西側斜面
posted by 花観隊 at 10:27| Comment(0) | 日記

2019年08月27日

青空が広がった江戸屋山道

今年の8月はあまり晴れる日がなく経過していましたが、昨日から待望の秋晴れになりました。気温も久々に20℃を超え、この時期らしい天候になりました。
江戸屋山道の草原ではススキの穂が目立って来ました。彩を添えてくれていた花の数は徐々に減って来ていますが、サラシナショウマ、チシマリンドウ、ハナイカリ、カラフトニンジン、コガネギク、イブキジャコウソウなどこの時期らしい花が開花中です。トウゲブキ、チシマワレモコウ、ヒロハクサフジ、キタノコギリソウ、コウゾリナもまだまだ数多くの花を咲かせており、ツリガネニンジン、ウメバチソウ、エゾカワラナデシコ、ヤマハハコ、ミソガワソウ、ナミキソウ、エゾゴマナ、ハチジョウナの花数は少なめでした。レブンイワレンゲやアサギリソウは蕾が膨らんできて間もなく開花しそうでした。(K.M)
0827edo1.jpg
部分的にまとまって咲くサラシナショウマ
0827edo2.jpg
チシマリンドウはトド島展望台付近に多かった
0827edo3.jpg
ナミキソウの花とレブンイワレンゲの蕾
0827edo4.jpg
ススキの穂が目立ってきた
posted by 花観隊 at 16:58| Comment(0) | 日記

2019年08月16日

秋の花の盛りが過ぎつつある桃岩展望台コース

今日は台風10号が北上する影響で風が強まり、午後のフェリーは欠航しました。
さて、桃岩展望台コースの開花状況です。見頃の花はツリガネニンジン、チシマワレモコウ、トウゲブキ、ヤマハハコですが、花が終わっていたり、痛んだ花も多くなっています。エゾノコギリソウ、シコタンヨモギ、ヒロハクサフジ、ミソガワソウは比較的多く、エゾゴマナ、キンミズヒキ、キタノコギリソウ、クサレダマ、クルマバナ、コウゾリナ、サラシナショウマはやや少なく、コース沿いにまばらに咲いています。イブキジャコウソウ、ウメバチソウ、エゾカワラナデシコ、オトギリソウ、カセンソウ、ネジバナ、ハナイカリ、ハンゴンソウ、チシマリンドウ、ヤナギタンポポ、レブントウヒレンは一部にしか咲いていないかまたは数がごく少ない種類です。例年これから見頃を迎えるコガネギクやリシリブシも点々と確認出来るようになりました。(K.M)
0816momo3 (480x320).jpg
クサレダマ
例年は見頃で花数も多くなっているのですがまばらです。今年は数が少ないかも
0816momo4 (480x320).jpg
サラシナショウマ
開花数は少ないのですが大き目の花なので存在感があります
0816momo8 (320x480).jpg
シコタンヨモギ
ヨモギの仲間。花が大きめで、葉の形も特徴があります
0816momo2 (480x321).jpg
桃岩展望台駐車場付近から
ヤマハハコ、ツリガネニンジンが数多く咲いていました
posted by 花観隊 at 14:49| Comment(0) | 日記