2019年09月07日

霧の中のレブンウスユキソウ群生地

今朝からレブンウスユキソウ群生地は濃い霧につつまれ、周辺の景色は全く見えませんでした。花や葉には水滴が着いていて、アップで写真を撮るには良いタイミングでした。元地口からレブンウスユキソウ群生地の区間で咲く花の数は少なくなり、ススキの穂や枯れ草が目立ってきましたが、チシマワレモコウ、エゾゴマナ、ヤナギタンポポ、コガネギクは比較的数多く咲いていました。レブンウスユキソウ群生地では、イブキジャコウソウ、コガネギク、チシマワレモコウと、イブキジャコウソウよりも小さな花のエゾコゴメグサが数多くみられました。また、ウメバチソウ、ヤナギタンポポ、ツリガネニンジン、カラフトニンジンもまばらにみられ、トウゲブキ、エゾカワラナデシコ、シオガマギク、ハナイカリはほぼ終わりの様でした。(K.M)
0907rin3.jpg
エゾコゴメグサ
小さい花なので、気をつけて見ないと見逃しそう
0907rin4.jpg
ウメバチソウ
0907rin2.jpg
エゾゴマナ
0907rin1.jpg
レブンウスユキソウ群生地の風景
手前の黄色い花はコガネギク
posted by 花観隊 at 14:26| Comment(0) | 日記

2019年09月06日

コガネギクが見頃の江戸屋山道

礼文では花が少なくなる季節ですが、江戸屋山道では晩秋に盛りを迎えるコガネギクとカラフトニンジンが見頃でした。開花して間もないアサギリソウはポツポツと見られ、レブンイワレンゲは少数が開花し始めたばかりでした。そのほか、トウゲブキ、イブキジャコウソウ、キタノコギリソウ、ヒロハクサフジ、チシマワレモコウは比較的花数は多く、サラシナショウマ、ウメバチソウ、チシマリンドウ、エゾゴマナ、ミソガワソウ、コウゾリナ、エゾカワラナデシコは少ないですがまだ開花中です。(K.M)
0906goro4.jpg
見頃のコガネギクとヒロハクサフジ
0906goro2.jpg
アサギリソウと見頃のカラフトニンジン
0906goro3.jpg
レブンイワレンゲが見頃になるのはもう少し先
0906goro1.jpg
アワビコタン分岐周辺の風景
posted by 花観隊 at 17:58| Comment(0) | 日記

2019年08月29日

リシリブシが見頃の桃岩展望台コース

先週まで雨続きで歩道が酷くぬかるんでいましたが、今週は晴れ間が広がってくれたおかげで歩道のぬかみは解消されました。
桃岩展望台コースの今のオススメの花はリシリブシです。この花は利尻の山頂近くと礼文の桃岩展望台コース周辺に咲くトリカブトの仲間です。
0828momo2 (480x320).jpg
見頃になったリシリブシ

8月上旬頃、今年はトウゲブキが少ないみたいだと感じていましたが、8月中旬くらいに見頃になり、今も数多く咲いています。この時期、草原の中に一番目につくのはこのトウゲブキではないでしょうか。0828momo3 (480x320).jpg
草原の中に目立つ黄色のトウゲブキ

今の草原には、チシマワレモコウ、サラシナショウマ、エゾノコギリソウ、ヤマハハコなど白い花が数多くみられます。
0828momo1 (480x321).jpg
チシマワレモコウ、サラシナショウマ、ヤマハハコが数多く咲く草原

今週は利尻島が良く見える様になりました。草紅葉が進んだ晩秋の草原と風景を楽しんで下さい。
0828momo4 (480x321).jpg
キンバイの谷から見た利尻島
(K.M)
posted by 花観隊 at 11:16| Comment(0) | 日記