2018年06月21日

桃岩コースではレブンキンバイソウが満開

昨日からの礼文島は雨が降ったり止んだり、安定しないお天気です。
桃岩展望台コースでは、レブンキンバイソウが花の盛りを迎えています。
その他にも、チシマフウロやエゾイブキトラノオ、レブンシオガマなどが咲き、カラフルなお花畑となっています。S.K

IMGP8899.JPG
レブンキンバイソウは今が花の盛り。
一面に咲いています。レモン色の花はミヤマキンポウゲ。

kinbai.jpg
チシマフウロ(青色)の花も多くあり、とても華やかです。

yamahana.jpg
ヤマハナソウ(白色)も咲いていました。

IMGP8906.jpg
エゾイブキトラノオ(ピンク)も花数が増えてきました。
posted by 花観隊 at 16:21| Comment(0) | 日記

2018年06月20日

江戸屋山道の見頃の花

江戸屋山道ではエゾノシシウド、オオカサモチ、センダイハギ、チシマフウロ、レブンシオガマが見頃です。特にチシマフウロの草原いっぱいに咲く風景は見事です。
0620edo1 (480x351).jpg
0620edo4 (480x340).jpg
レブンシオガマ
咲きたての綺麗な花が道端でも沢山みられます
0620edo2 (480x321).jpg
草原の中、いっぱいに咲くチシマフウロ
0620edo3 (320x480).jpg
今年の開花は数なめのオオカサモチ
posted by 花観隊 at 17:45| Comment(0) | 日記

2018年06月17日

霧に包まれたレブンウスユキソウ群生地

今朝のレブンウスユキソウ群生地は、風は穏やかでしたが霧に包まれ時折小雨が降っていました。
群生地の斜面では、例年、6月末から開花し始めるレブンウスユキソウの蕾が膨らんでいました。
群生地周辺では、イワベンケイ、エゾイヌナズナ、エゾノシシウド、キジムシロ、ネムロシオガマ、ハクサンチソリ、ミヤマオダマキ、レブンシオガマなどが開花中です。
元地口〜群生地間ではレブンシオガマが見頃になっています。途中の砂れき地ではシラゲキクバクワガタがまだ開花中でした。
0617rin1.jpg
霧に包まれたレブンウスユキソウ群生地
0617rin2.jpg
0617rin3.jpg
レブンウスユキソウの蕾
0617rin4.jpg
礼文林道で見頃のレブンシオガマ
0617rin5.jpg
ネムロシオガマ
0617rin6.jpg
イワベンケイ

posted by 花観隊 at 11:40| Comment(0) | 日記