2019年04月12日

早春の礼文

久種湖
 風が穏やかでとても暖かい日です。ヤチハンノキが風でそよそよと揺れていました。久種湖は氷が融けはじめ、ヤナギ類には白い綿帽子をつけた蕾が見られ、春はもうすぐだと教えてくれているようでした。ミズバショウの芽が沢山顔を出してきました。たまにザゼンソウの姿も見られます。今年は雪解けが早く、霜でミズバショウが茶色くなってしまっていますが、お花を咲かせようと凛々しく立っていました。

4,11久種湖.jpg
ヤチハンノキ
4,11久種湖 (3).jpg
ミズバショウ
4,11久種湖 (2).jpg
ザゼンソウ

 江戸屋山道
 穏やかな海を横目に江戸屋山道に向かうと、途中ガンコウランの雄花が赤々と咲いていました。エゾエンゴサクは咲いているのだろうか、期待をして進みますが見られず。やっと崖の所にまとまって咲いているのを見つけました。これから沢山咲いてくるのが楽しみです。

4,11江戸屋.jpg
ガンコウラン
4,11江戸屋 (3).jpg
江戸屋山道
4.11江戸屋.jpg
エゾエンゴサク
(M,W)

posted by 花観隊 at 11:19| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: