2018年07月17日

盛夏の花が見頃の江戸屋山道

江戸屋山道ではレブンシオガマやチシマフウロ、エゾカンゾウ、エゾノシシウド、オオハナウドなど、これまで主役だった花の数がすっかり減りました。代わりに盛夏の花のエゾニュウやチシマアザミが見頃になったほか、エゾカワラナデシコ、エゾノヨロイグサ、オニシモツケ、ハマナス、ミソガワソウなどが見られます。また、ツリガネニンジン、トウゲブキ、チシマワレモコウなど秋に盛りを迎える花も咲き始めていました。
0717edo5.jpg
盛りのエゾニュウ
0717edo2.jpg
見頃になったチシマアザミ
0717edo1.jpg
丘の上にまとまって咲くエゾカンゾウ
0717edo3.jpg
エゾカワラナデシコ
0717edo4.jpg
ミソガワソウ
posted by 花観隊 at 17:49| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: