2017年08月28日

今年は秋の花が長持ちしています

今年は秋の花が咲き始めてから強風が吹くことがほとんどありません。そのため、潮が当たって花が枯れる事がないからだと思うのですが、今も数多くの秋の花が綺麗に咲いています。
昨日、礼文林道のレブンウスユキソウ群生地へ行きました。
元地口から入り、林を抜けた先から道沿いに花が増えて、ツリガネニンジン、トウゲブキ、チシマワレモコウは数多く、エゾノコギリソウ、キタノコギリソウ、ヤマハハコ、エゾゴマナ、ヤナギタンポポ、コウゾリナ、レブントウヒレン、ミソガワソウ、クルマバナ、イブキジャコウソウ、ウメバチソウ、シオガマギク、ネジバナ、シラネニンジン、エゾカワラナデシコなどが見られます。リンドウの仲間のハナイカリやチシマリンドウは見頃です。ススキの穂も目立っており、秋の深まりを感じました。
途中、チシマワレモコウの風変わりな咲き方をした花を発見しました。どうしてこんな風になったのか不思議です。
0827rin3.jpg
林道沿いに咲く花
0827rin2.jpg
ススキと利尻
0827rin1.jpg
風変わりなチシマワレモコウの花

posted by 花観隊 at 16:39| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: