2017年08月21日

森に咲く花と虫

ここ数日秋晴れで、気温が上がり夏の様な陽気になりました。そのため昆虫たちの活動も活発のようです。
香深井から礼文林道に入ると、すぐにアブの群れが体にまとわりつきました。
コエゾゼミの鳴き声も森のあちこちから聞こえてきました。
林道沿いに色々な種類のチョウが飛び交っていて、ヨツバヒヨドリ、ハンゴンソウ、ノリウツギなどの花の蜜を吸いにやって来る様子が観察できました。
アブは吸血されると腫れたり痒みが出てくることがあるので、出来るだけ肌を露出しないようにして、刺されないよう気をつけて下さい。
ヒメキマダラヒカゲ (480x339).jpg
ヨツバヒヨドリとヒメキマダラヒカゲ
クジャクチョウ (480x340).jpg
ヨツバヒヨドリとクジャクチョウ
ミドリヒョウモン (480x340).jpg
ハンゴンソウとミドリヒョウモン
P1040224 (480x320).jpg
ノリウツギには色んな昆虫が集まっていた
posted by 花観隊 at 09:58| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: