2017年04月28日

アツモリソウ群生地の様子

礼文島では、ヤナギの蕾が開きミズバショウやエゾエンゴサクの花が咲くなど、徐々に春が感じれるようになりました。
現在、レブンアツモリソウ群生地はまだ閉鎖中で、中を見ることはできません。開放日は花の状況に合わせて変わりますが、例年だと5月下旬から6月中下旬です。
昨年の様子は、礼文花情報館のアツモリソウ開花情報(こちら)をご覧ください。SK

P4283898.JPG
まだ閉鎖中のレブンアツモリソウ群生地

P4283901.JPG
花の季節はまだまだこれからです
posted by 花観隊 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: