2016年05月11日

江戸屋コースでエゾイヌナズナが開花

礼文の山肌は枯れ草色から徐々に緑色へ変わりつつあります。
江戸屋コースでは青色のエゾエンゴサクが見頃でコース周辺に広く見られます。黄色の花ではキバナノアマナが減ってきましたが、キジムシロは少しずつ増え、道から少し離れた谷の中にはエゾノリュウキンカが少数見られます。白い花ではエゾイヌナズナの花が咲き始め、ヒメイチゲも少数見られました。小さく緑の目立たない花のレンプクソウは見頃でした。(K.M)
0511edoya_3104.JPG
江戸屋コーススコトン口付近
0511nazuna_3102.JPG
エゾイヌナズナ
0511renpuku_3103.JPG
レンプクソウ
posted by 花観隊 at 19:33| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
いつもお花の便りを楽しみにしております。今月末ごろに礼文島を訪れる予定なので、春の進行の様子がとても気になります。関東では花の開花は例年より10日は早いものが多く、見逃してがっかりが続きます。
去年訪れた折には色々お教えいただきました。今年もお会いできてお教えいただけますよう期待しております。
Posted by 田中和子 at 2016年05月12日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: