2015年06月30日

桃岩展望台コースのレブンキンバイソウは間もなく見頃は終わり、エゾイブキトラノオが増えてきました

桃岩展望台コースの中頃の谷筋や急斜面ではレブンキンバイソウが数多く残っていて、レブンキンバイソウ、チシマフウロ、オオハナウド、エゾカンゾウ、レブンシオガマ、ギョウジャニンニクといった彩り豊かな風景を楽しめました。しかし、傷んだ花も多くなってきましたので、間もなくこの花風景も終わろうとしています。代わりにエゾイブキトラノオの花数が徐々に増えてきたので、ピンク色が多く見られる花風景に移っていくことでしょう。キンバイの谷(通称)の北側斜面ではチシマフウロの群落が見事でした。(K.M)
0630neko_1711.JPG
0630kaidan_1709.JPG
レブンキンバイソウが数多く残る斜面
0630toranoo_1712.JPG
エゾイブキトラノオが増えてきた斜面
0630kinbaitani_1710.JPG
キンバイの谷に群生するチシマフウロ
posted by 花観隊 at 17:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: