2019年07月27日

江戸屋山道でも秋の花が増えてきました

江戸屋山道ではクサフジやヒロハクサフジ、エゾカワラナデシコの花数が多く、そのほか秋の花の主役になるトウゲブキ、ツリガネニンジン、チシマワレモコウも花数が増えてきましたが、エゾニュウやチシマアザミは終盤になりました。また、エゾノヨロイグサ、キンミズヒキ、アキカラマツ、コウゾリナ、エゾノコギリソウ、エゾゴマナ、ミソガワソウは少数のためか、草原は緑が目立ちやや地味な印象の風景が広がっています。(K.M)
0727edo1.jpg
ツリガネニンジンとトウゲブキ
0727edo2.jpg
チシマワレモコウ
0727edo3.jpg
トウゲブキ
posted by 花観隊 at 19:05| Comment(0) | 日記