2019年07月21日

レブンウスユキソウの見頃が続いてます

レブンウスユキソウ群生地ではレブンウスユキソウやエゾカワラナデシコ、シラネニンジンが見頃でエゾノヨロイグサも数多く見られます。レブンウスユキソウは花の終わりのものも見られますが大半は開花中です。特に歩道の下側斜面で、エゾカワラナデシコなどほかの花に寄り添って群生する様子は見事です。そのほかミソガワソウ、ツリガネニンジン、チシマワレモコウ、トウゲブキ、ウメバチソウ、オトギリソウ、アキカラマツ、シオガマギクが咲いています。(K.M)
0721rin3.JPG
エゾカワラナデシコとレブンウスユキソウ
0721rin2.JPG
オトギリソウ、エゾカワラナデシコとレブンウスユキソウ
0721rin1.JPG
シオガマギク、エゾカワラナデシコとレブンウスユキソウ
0721rin5.JPG
歩道の下側斜面の風景
P1150093 (480x359).jpg
シラネニンジンも見頃
posted by 花観隊 at 14:16| Comment(0) | 日記

秋の花へ移りゆく江戸屋山道

礼文では夏らし日が続き、日中は半袖の人を良く見かけるようになりました。
江戸屋山道では、エゾカワラナデシコ、ヒロハクサフジやクサフジが見頃で、エゾノヨロイグサ、チシマアザミ、オニシモツケ、エゾニュウなどの夏の花が終わりつつありました。草原は端境期で花数が少なく、彩が少ないためやや寂しい感じがします。しかし、ツリガネニンジン、トウゲブキ、チシマワレモコウなどの秋の主役になる花が徐々に増えていました。(K.M)
0720edo2.JPG
エゾカワラナデシコとヒロハクサフジ
0720edo3.JPG
トウゲブキ
0720edo1.JPG
ツリガネニンジン
0720edo4.JPG
チシマアザミ
posted by 花観隊 at 14:04| Comment(0) | 日記