2019年06月09日

礼文林道では白い小さな花達が盛りです!

今日の礼文林道は風がひんやりしていて、フリースとウインドブレーカーを着て丁度良いくらいでした。
元地口からレブンウスユキソウ群生地の間、白い小さな花のマイヅルソウ、オオヤマフスマのほか、レブンシオガマ、チシマフウロ、オオカサモチが見頃でした。足元を注意深く見ていると、クルマムグラ、クルマバソウ、ツマトリソウ、ツボスミレなどの白い小さな花も見つけることが出来ました。ハクサンチドリ、キジムシロ、ミヤマオダマキなどは盛りを過ぎましたが山陰などに綺麗な花が残っています。レブンコザクラ、シラゲキクバクワガタは残りわずかでした。林道沿いではごく少ないエゾスカシユリが2花咲いているのを見つけることが出来ました。
レブンウスユキソウ群生地のガレた斜面ではネムロシオガマが見頃でした。開花が早まるだろうと予想しているレブンウスユキソウは小さな蕾をつけ始めていました。(K.M)
0609rin5 (480x360).jpg
オオヤマフスマ
0609rin1 (480x355).jpg
センダイハギとレブンシオガマ
0609rin2 (480x360).jpg
オオカサモチ
0609rin4 (480x360).jpg
蕾をつけたレブンウスユキソウ
posted by 花観隊 at 17:41| Comment(0) | 日記