2019年06月19日

エゾカンゾウの見頃を迎えた江戸屋山道

江戸屋山道では、見頃をやや過ぎたオオカサモチ、見頃になったオオハナウド、エゾノシシウドの白い大きなセリ科の花が目立っていますが、その中に黄色のエゾカンゾウ、ピンクのレブンシオガマ、青のチシマフウロの見頃の花達が合わさって、色合いの良い草原の風景が見られました。道端に広がったヒロハクサフジも見頃だったほか、点在するハマナスの木は沢山の花を咲かせていました。ネムロシオガマ、センダイハギ、バイケイソウは終わりに近づき、オオダイコンソウ、ヤマブキショウマが咲き始めていました。(K.M)
0618edo2.jpg
白いセリ科の花が群生する草原
0618edo3.jpg
エゾカンゾウ、チシマフウロ、レブンシオガマ、オオカサモチが咲く草原
0618edo4.jpg
エゾカンゾウ
0618edo1.jpg
ハマナス
posted by 花観隊 at 18:27| Comment(0) | 日記

2019年06月18日

嵐の後の桃岩展望台コース

16日から17日昼過ぎまで強風のため海は時化、フェリーが欠航しました。
17日の夕方に嵐の後の歩道の様子を見に行きました。
16日は一日中雨が降っていたので、歩道にはぬかるみが発生していると思いきや、これまで雨が降らなかったためかすっかり乾いていました。
花の様子は、レブンキンバイソウ、チシマフウロ、ミヤマキンポウゲ、バイケイソウは見頃ですが、傷んだ花が目だってきました。オオカサモチ、レブンシオガマも見頃です。オオカサモチと同じセリ科の白い花のオオハナウド、エゾノシシウドも開花中です。ハクサンチドリ、レブンハナシノブ、ネムロシオガマは残りわずかになり、ギョウジャニンニクやエゾイブキトラノオの花が増えてきました。春と夏の花が入れ替わる時期となりました。(K.M)
0617momo3 (480x321).jpg
オオカサモチ、レブンキンバイソウ、レブンシオガマ、エゾイブキトラノオ、バイケイソウなどが咲く草原
0617momo4 (480x320).jpg
咲き始めのエゾイブキトラノオ
0617momo1 (480x321).jpg
盛りは過ぎたが存在感は一番のバイケイソウ
posted by 花観隊 at 12:58| Comment(0) | 日記

2019年06月17日

レブンウスユキソウ群生地ではレブンシオガマが見頃です

今日の気温は13度で、レブンウスユキソウ群生地周辺は風が強く、レブンウスユキソウをゆっくり探していると肌寒くなりました。
レブンウスユキソウは蕾が大きく膨らんで存在感が出てきました。レブンシオガマ、オオカサモチが見頃です。その他に、ネムロシオガマ、ヒロハクサフジ、チシマフウロ、ヤマブキショウマ、エゾカンゾウ、ハマナス、エゾノシシウド、オオハナウドなどが見られました。ミヤマオダマキはピークを過ぎました。(M,W)

DSC00407 (480x360).jpg
レブンシオガマとオオカサモチ

DSC00416 (480x345).jpg
ヒロハクサフジ
DSCN6728 (480x379).jpg
レブンウスユキソウ
posted by 花観隊 at 12:03| Comment(0) | 日記