2017年06月23日

江戸屋山道ではチシマフウロとオオカサモチが最盛期です

夕方の江戸屋山道は濃い霧に包まれていました。日差しの強い時に比べると、こんな天気の方が、広い草原に咲く花を沢山確認することが出来ます。
車道沿いの草原ではオオカサモチとチシマフウロが最盛期であちこちに見られます。センダイハギ、ネムロシオガマ、レブンシオガマも見頃でした。エゾカンゾウ、バイケイソウ、オオハナウド、エゾノシシウドも開花中です。ハクサンチドリはそろそろ終わりそうです。
0623edo1 (480x320).jpg
オオカサモチとチシマフウロが群生する草原
0623edo2 (480x320).jpg
オオカサモチの群落の中にエゾカンゾウが増えています
0623edo (480x320).jpg
レブンシオガマとセンダイハギ


posted by 花観隊 at 18:16| Comment(0) | 日記

礼文林道のレブンシオガマ

レブンシオガマが花穂を伸ばして、見頃となりました。礼文島の花園もそろそろ一番華やかな季節を迎えます。
レブンシオガマ17_06_23_0260.jpg
今朝は晴天でしたが、時おり海霧が湧いて、変化のある風景となりました。
オオカサモチP6230131.JPG
セリ科のオオカサモチが咲きそろいました。今年はこの花は当たり年です。
イワツツシP6230136.JPG
イワツツジは花の径が数ミリの小さな花です。でもやがて1センチほどの真っ赤な実をつけます。
ショウセンゴミシP6230139.JPG
チョウセンゴミシ つる性の木本です。レブンウスユキソウ群生地で開花中です。
レブンウスユキソウP6230137.JPG
レブンウスユキソウ群生地では、レブンウスユキソウが背丈を伸ばしてきました。開花まであと数日と思われます。
somami
posted by 花観隊 at 17:38| Comment(0) | 日記