2016年09月06日

ゴロタ岬ではコガネギクが見頃です

昨日ゴロタ岬北側から山頂へ登る途中、前日までの雨で水溜りやぬかるみがみられました。また、強風により高茎の草が道に倒れており歩きにくくなっていました。今日はさらに警報が出るほどの大雨、ぬかるみがひどくなっていると予想されます。
昨日の花の状況ですが、秋の花は終盤となりコガネギクが見頃でした。カラフトニンジンも数多くまだ見頃でした。そのほかエゾノコギリソウ、キタノコギリソウ、コウゾリナ、クルマバナがまばらに見られました。チシマリンドウやハナイカリも少数ありましたが、背丈が低いので注意深く探さないと見過ごしてしまいます。
風が冷たく感じられるようになってきましたので、ウインドブレーカーなど風除けの服を準備しておくと良いでしょう。(K.M)
0905karafuto.jpg
ゴロタ岬山頂からの風景。カラフトニンジンが多数見られた
0905kogane.jpg
コガネギクは草原の中に広く見られた
0905tisirin.jpg
チシマリンドウは見逃してしまうかも
0905nukarumi.jpg
水溜りやぬかるみにご注意を。また、植生を傷めないようにご配慮下さい
posted by 花観隊 at 12:01| Comment(0) | 日記