2016年09月06日

ゴロタ岬ではコガネギクが見頃です

昨日ゴロタ岬北側から山頂へ登る途中、前日までの雨で水溜りやぬかるみがみられました。また、強風により高茎の草が道に倒れており歩きにくくなっていました。今日はさらに警報が出るほどの大雨、ぬかるみがひどくなっていると予想されます。
昨日の花の状況ですが、秋の花は終盤となりコガネギクが見頃でした。カラフトニンジンも数多くまだ見頃でした。そのほかエゾノコギリソウ、キタノコギリソウ、コウゾリナ、クルマバナがまばらに見られました。チシマリンドウやハナイカリも少数ありましたが、背丈が低いので注意深く探さないと見過ごしてしまいます。
風が冷たく感じられるようになってきましたので、ウインドブレーカーなど風除けの服を準備しておくと良いでしょう。(K.M)
0905karafuto.jpg
ゴロタ岬山頂からの風景。カラフトニンジンが多数見られた
0905kogane.jpg
コガネギクは草原の中に広く見られた
0905tisirin.jpg
チシマリンドウは見逃してしまうかも
0905nukarumi.jpg
水溜りやぬかるみにご注意を。また、植生を傷めないようにご配慮下さい
posted by 花観隊 at 12:01| Comment(0) | 日記

2016年09月02日

霧の桃岩展望台コース

昨日に引き続き、桃岩展望台周辺は霧がかっていました。
ただ、西海岸の方は日が差しているようで、展望台から猫岩がはっきりと見えました。
気温はあまり上がらず、強く吹く風もあいまってやや肌寒く感じました。
風を通さないような上着が手放せなくなる季節が始まったようです。
桃岩展望台コースでは、花数が少なくなり赤や黄色の葉が目につくようになりました。それでも、リシリブシやコガネギクなど、まだいくつもの花々を楽しむことができます。SK

160902momo3.jpg
レブンソウ
まだ花がわずかながら残っています。後ろに咲いているのは、イブキジャコウソウ。

160902momo2.jpg
シコタンヨモギ
地味な花で目立ちませんが、国内での分布が限られる希少な植物です。

160902momo1.jpg
ツリガネニンジン
少し前までは、一面に咲いていましたが、今はほとんどが実を結び、花を残すのはわずかです。

160902momo4.jpg
桃岩展望台から見た猫岩
posted by 花観隊 at 16:14| Comment(0) | 日記

2016年09月01日

桃岩展望台駐車場付近ではススキが見頃

今日昼から桃岩展望台へ行ってみると濃い霧で桃岩が見えませんでした。風は秋らしく少しひんやりして長袖が必要でした。
桃岩展望台駐車場付近ではススキが目立ちます。所々に、エゾゴマナ、ヤナギタンポポ、コウゾリナ、チシマワレモコウ、サラシナショウマ、ヒロハクサフジ、カラフトニンジン、ハナイカリ、イブキジャコウソウ、リシリブシなどが見られます。草の葉は徐々に黄や赤に色づいてきていました。(K.M)
0901susuki.jpg
霧の中のススキ
0901busi.jpg
リシリブシとサラシナショウマ
0901ikari.jpg
車道沿いの急斜面。ハナイカリ、ヒロハクサフジ、コウゾリナなどが見られる
0901jyakou.jpg
イブキジャコウソウの葉が色づいてきた


posted by 花観隊 at 18:15| Comment(0) | 日記