2016年08月21日

秋の趣が深まる江戸屋山道

この週末は天気が崩れる予報でしたが、昨日午前中に弱雨が降った程度でした。
礼文島の北部にある江戸屋山道では、トウゲブキやツリガネニンジン、キタノコギリソウ、ウメバチソウなどが咲いていました。また、ススキが穂を出しはじめていたり、レブンイワレンゲの中心部が伸び始めていたりと、晩秋の様子も少し見られました。SK

160818gorota2.jpg
キタノコギリソウがまとまって咲いていました

160818gorota5.jpg
棒状につく白い花が特徴のサラシナショウマ

160818gorota3.jpg
ツリガネニンジンやトウゲブキがたくさん咲いています

160818gorota6.jpg
ススキの穂が目立ってきました

160818gorota4.jpg
レブンイワレンゲ
これから徐々に中央部が伸びてきます
posted by 花観隊 at 14:35| Comment(0) | 日記