2016年08月17日

レブンウスユキソウ群生地でツリガネニンジン、ハナイカリ、ウメバチソウが見頃です

レブンウスユキソウ群生地ではツリガネニンジンの花数が非常に多く、ハナイカリやウメバチソウ、イブキジャコウソウもあちこちに咲いていて見頃になっています。チシマワレモコウは枯れた花が目立つようになりましたが、蕾が次々と花開いています。チシマリンドウも徐々に花数が増えてきました。群生地の斜面には同じ種類でも背丈が低くて可愛らしい花が多く見られます。(K.M)
0816rin1.jpg
レブンウスユキソウ群生地
0816rinhana.jpg
群生地斜面下側
0816siogama.jpg
群生地斜面に咲く、背丈の小さなシオガマギク
0816tisirin.jpg
花数が増えあちこちで見られるようになったチシマリンドウ
posted by 花観隊 at 13:53| Comment(0) | 日記