2016年08月04日

礼文林道の花と昆虫

礼文の今日は久々の晴天になりました。夏の暑さが戻り、礼文林道の林ではコエゾゼミの少し控え目な鳴き声が聞こえました。色んな昆虫が目に付いたので、今日は花に来る昆虫を観察してみました。
道際の花にはハチやアブやハエなどの姿が多く、時々、チョウやカミキリムシなどもみかけました。
P1220643 (480x360).jpg
わずかに残ったエゾニュウやエゾノヨロイグサにカミキリムシの仲間、ヨツスジハナカミキリが2匹重なっている姿が見られました。どうやら交尾中の様で、上に乗ったオスがメスを奪われないように強くしがみついて離れないようです。
P1220571 (480x360).jpg
素早くてなかなかじっとしてくれないコキマダラセセリがトウゲブキに止まり蜜を吸い始めました。少し移動しては吸蜜を繰り返していました。
P1220589 (480x360).jpg
ヤマハハコにはトンボエダシャクの仲間が蜜を吸いにやって来ているのをみつけました。蝶に似た感じのガです。風に吹かれふわふわと飛んで別のヤマハハコで吸蜜していました。
(K.M)
posted by 花観隊 at 20:51| Comment(0) | 日記