2016年08月02日

江戸屋山道では秋の花が見頃に

江戸屋山道ではトウゲブキやエゾゴマナ、チシマワレモコウ、ツリガネニンジンなどの花数が増えて、すっかり秋の花が見頃になってきました。そのほか、キタノコギリソウ、エゾノコギリソウ、コウゾリナ、ミソガワソウ、アキカラマツなどが見られます。これまで草原を彩ってきたエゾノヨロイグサは数少なくなり、エゾカワラナデシコは今年咲きが悪いのかあまり目立たなくなりました。
アワビコタンの海岸ではエゾオグルマが見頃で、ハチジョウナも花数が増えているようです。(K.M)
080201(480x360).jpg
秋の花の主役の花、トウゲブキ、チシマワレモコウ、ツリガネニンジン
080203.jpg
エゾゴマナの群落
080202.jpg
海岸に咲く花、エゾオグルマ
posted by 花観隊 at 19:03| Comment(0) | 日記