2016年07月21日

礼文岳花情報

夏の礼文岳の花情報です。香深地区は今朝は今年初めての天然昆布漁がありました。昆布干しで活気づく内路の浜から礼文岳に登ってきました。(somami)
レブンシオガマ160721P7210142.jpg
稜線に風はなく、レブンシオガマがすくっと立っていました。
アリドオシラン160721P7210088.jpg
トドマツの暗い林の下では背丈5センチほどの小さなアリドオシランの開花が始まりました。
アリドオシラン160721P7210104.jpg
虫眼鏡で見たくなるようなわずか数ミリの小さいランの花です。
ムカゴトラノオ160721P7210150.jpg
頂上ではムカゴトラノオがたくさん地味な花を付けていました。
ムカゴトラノオ160721P7210149.jpg
ムカゴは花穂の下部に付いたまま発芽している様子が見られました。
ウメガサソウ160721P7210112.jpg
ウメガサソウ、まだ蕾のほうが多いです。他にもコイチヤクソウ、カラフトイチヤクソウなどのイチヤクソウのなかまが開花していました。
昆布干し160721P7210052.jpg
内路の登山口付近の浜で行われていた昆布干し。
posted by 花観隊 at 20:10| Comment(0) | 日記