2016年07月25日

礼文林道レブンウスユキソウ群生地

群生地のレブンウスユキソウは盛りを過ぎましたが、開花中の花は数多く残っています。レブンウスユキソウの周辺にはエゾカワラナデシコやチシマワレモコウ、キタノコギリソウ、エゾノコギリソウ、アキカラマツ、ウメバチソウなどの秋の花が少しずつ増えてきました。群生地周辺ではエゾノヨロイグサやシラネニンジンが見頃でした。
(K.M)
DSCN7572 (480x360).jpg
群生地歩道の下側斜面
DSCN7569 (480x360).jpg
開花中のレブンウスユキソウ
DSCN7558 (480x360).jpg
チシマワレモコウが林道沿いにポツポツ咲き始めています
DSCN7580 (480x360).jpg
アキカラマツの花数も増えてきました
posted by 花観隊 at 11:37| Comment(0) | 日記

桃岩展望台コース南部のカラフトゲンゲとダイモンジソウ

桃岩展望台コース南部のツバメ山(通称)から元地灯台側へ少し下った谷筋では、カラフトゲンゲやダイモンジソウが丁度見頃でした。
DSCN7635 (480x360).jpg
谷筋からツバメ山を撮影。
手前左側斜面にカラフトゲンゲやエゾイブキトラノオが数多く見られます。そのほか、エゾノヨロイグサ、オニシモツケ、ダイモンジソウ、レブンウスユキソウ、ミソガワソウ、エゾカワラナデシコなどが見られます。
DSCN7636 (480x360).jpg
薄いピンクのエゾイブキトラノオの中に、濃い赤紫のカラフトゲンゲが目立ちます。
DSCN7638 (480x360).jpg
ダイモンジソウ
崖地に多く、道端ではなかなか見られません。この谷では少しまとまって見られます。コザクラテラス(通称)では溝の中で見られました。
DSCN7643 (480x360).jpg
きれいなレブンウスキソウがありました。踏みつけてしまいそうな場所にあるので、足元には十分お気をつけ下さい。
(K.M)

posted by 花観隊 at 10:58| Comment(0) | 日記

2016年07月24日

礼文林道の林でオオウバユリが咲き始めました

礼文林道元地口から歩いてすぐの林でオオウバユリが咲き始めました。まだ蕾が多くありこれからしばらく楽しめそうです。林の中ではほかにイワアカバナ、ヨツバヒヨドリ、キンミズヒキ、オニシモツケ、マルバトウキなどが見られます。またコエゾゼミの鳴き声が聞こえたり、シジミチョウ、セセリチョウなど蝶やそのほかの昆虫の動きも活発でした。林を抜けてすぐ先の柵で囲われた斜面ではカラフトゲンゲが見頃で、エゾカワラナデシコやレブンウスユキソウ、シラネニンジンなどが見られます。(K.M)
DSCN7538 (480x360).jpg
オオウバユリ
P1210943 (480x360).jpg
キンミズヒキ
P1210945 (480x360).jpg
ヨツバヒヨドリ
DSCN7547 (480x360).jpg
林を抜けた斜面ではカラフトゲンゲが見頃
posted by 花観隊 at 18:00| Comment(0) | 日記