2016年06月27日

宇遠内歩道の花情報

ミヤマオダマキやフタナミソウなど初夏の花が終わって、宇遠内歩道はすっかり夏の花の季節になっています。
レブンシオガマ160627P6270024.JPG
レブンシオガマはだいぶ咲き登って背丈が高くなりました。
エゾタカネツメクサ160627P6270067.JPG
エゾタカネツメクサ。こんもりと盛り上がって株を作ります。まだ咲き始めで、これからどんどん数を増やします。
ヒメイワタデ160627P6270040.JPG
ヒメイワタデ
ミヤマラッキョウ160627P6270056.JPG
ミヤマラッキョウ、ニラのように扁平な葉です。
ミヤママタタビ160627_6271691.jpg
今、歩道ぞいで一番目立っているのがミヤママタタビ。葉の一部が白からピンクになります。
歩道と風倒木160627P6270015.JPG
昨年秋の嵐で風倒木がたくさん発生したので、森は明るくなりだいぶ雰囲気が変わりました。
somali
posted by 花観隊 at 20:29| Comment(0) | 日記