2016年06月15日

ゴロタ岬ではエゾカンゾウが咲き始めました

ぐずぐずと続いていた雨も、ひと段落。今日は、少し晴れ間も見えるお天気です。
礼文島の北部にあるゴロタ岬(岬めぐりコース)では、初夏の花が増え始めました。歩道沿いの斜面に目をやると、草原からオオカサモチの花(白色)がいくつも頭を出していました。また、よく草原を見てみるとチシマフウロもたくさん咲いていました。エゾカンゾウも花茎を伸ばしていて、そのいくつかは花を咲かせていました。その他、オオダイコンソウやネムロシオガマ、センダイハギなど、春とは違う花々が咲いていました。SK

*ゴロタ岬を登る歩道は、ここ数日の雨で大変滑りやすくなっています。無理をせず、ご利用の際には十分ご注意ください。

kanzo20160615.jpg
エゾカンゾウの花が目立つようになりました。

kasamochi20160615.jpg
斜面には、オオカサモチ(白色)とチシマフウロ(青色)が多く咲いていました。

syaku20160615.jpg
歩道沿いに、シャクがたくさん咲いていました。

daikon20160615.jpg
オオダイコンソウの花もこれから増えてきます。

gorota20160615.jpg
風がなく、海も穏やかでした。
posted by 花観隊 at 14:14| Comment(0) | 日記