2016年05月13日

高山植物園の花が開花し始めました

高山植物園のレブンアツモリソウの芽は大きいものから小さいものまでバラつきがありました。早いものはそろそろ蕾が姿を見せる頃です。そのほか、ウルップソウやレブンコザクラ、シラゲキクバクワガタの花が咲き始めていました。間もなく早春に咲く色んな花が見られそうです。19日まで無料開放、20日から有料になります。(K.M)
0512syokubutuen (480x360).jpg
高山植物園
0512atu (480x360).jpg
中ぐらいのレブンアツモリソウの芽
0512kozakura (480x360).jpg
レブンコザクラが咲き始めていました
0512uruppu (480x360).jpg
ウルップソウ。野生のものは見られなくなってしまいました
posted by 花観隊 at 18:23| Comment(0) | 日記

久種湖ミズバショウが大きくなりました

久種湖周辺のミズバショウが大きくなりました。早春の可憐さがなくなりたくましい姿になってきました。大きな葉っぱの中から小さな可愛らしい花を見つけました。エゾノリュウキンカは見頃で、ミズバショウの葉の陰から鮮やかな黄色の花が見られました。木道近くにふと、大きく膨らんできた蕾をつけたクロユリもみつけました。(K.M)
0511kusyuko (480x360).jpg
大きくなったミズバショウの群生地
0511basyouS (480x360).jpg
大きな葉に包まれた可愛らしいミズバショウ
0511ryukinka (480x360).jpg
見頃のエゾノリュウキンカ
0511yuri (480x360).jpg
大きく膨らんでいたクロユリの蕾
posted by 花観隊 at 18:04| Comment(0) | 日記

2016年05月11日

江戸屋コースでエゾイヌナズナが開花

礼文の山肌は枯れ草色から徐々に緑色へ変わりつつあります。
江戸屋コースでは青色のエゾエンゴサクが見頃でコース周辺に広く見られます。黄色の花ではキバナノアマナが減ってきましたが、キジムシロは少しずつ増え、道から少し離れた谷の中にはエゾノリュウキンカが少数見られます。白い花ではエゾイヌナズナの花が咲き始め、ヒメイチゲも少数見られました。小さく緑の目立たない花のレンプクソウは見頃でした。(K.M)
0511edoya_3104.JPG
江戸屋コーススコトン口付近
0511nazuna_3102.JPG
エゾイヌナズナ
0511renpuku_3103.JPG
レンプクソウ
posted by 花観隊 at 19:33| Comment(1) | 日記