2015年09月15日

レブンウスユキソウ群生地でエゾコゴメグサを見つけました

礼文林道では花数がずいぶん少なくなりましたが、エゾゴマナ、コガネギクが見頃で、アサギリソウが咲き始めています。ヤナギタンポポ、ヤマハハコ、コウゾリナ、チシマワレモコウ、ツリガネニンジン、エゾカワラナデシコがまばらに見られます。
レブンウスユキソウ群生地は枯れたり紅葉した葉が多くなりました。イブキジャコウソウはまだ花数が多く見られ、レブントウヒレン、エゾウメバチソウ、キタノコギリソウがまばらに見られます。その中に背丈と花が小さなエゾコゴメグサを見つけました。とても小さな花なので注意深く探さないと見逃してしまいます。(K.M)
0914gun.JPG
レブンウスユキソウ群生地を見ると秋が深まった感じがします
0914jyakou.JPG
群生地ではイブキジャコウソウの花が数多く見られました
0914umebati.JPG
エゾウメバチソウの花は群生地で点在していました
0914kogome.JPG
小さな花をつけたエゾコゴメグサ
posted by 花観隊 at 10:54| Comment(0) | 日記