2015年09月16日

ゴロタ岬で秋晴れの素敵な風景が見られました

礼文島は昨日も秋晴れの気持ちの良い天気でしたので、ゴロタ岬へ行き風景を楽しんできました。
小さな雲が風で流され、その影が海面や草原を移動する風景。
晴れ間が広がったときには青く澄んだ海の風景。
夕暮れのオレンジ色に変化する空と、夕日が水平線に消える瞬間など。
半日居ると時間と共に変わりゆく風景を見ることが出来ました。
山に咲く花の数は減りましたが、この時期の風景もなかなか良いですよ。(K.M)
0915gorota_1948.JPG
海面に映った雲の影
0915risiri_1947.JPG
まだ見頃のコガネギクと青い海と利尻
0915kitanoko_1949.JPG
まだ花数多いキタノコギリソウ
0915yuuhi_1946.JPG
水平線に沈む夕日
posted by 花観隊 at 20:16| Comment(0) | 日記

2015年09月15日

レブンウスユキソウ群生地でエゾコゴメグサを見つけました

礼文林道では花数がずいぶん少なくなりましたが、エゾゴマナ、コガネギクが見頃で、アサギリソウが咲き始めています。ヤナギタンポポ、ヤマハハコ、コウゾリナ、チシマワレモコウ、ツリガネニンジン、エゾカワラナデシコがまばらに見られます。
レブンウスユキソウ群生地は枯れたり紅葉した葉が多くなりました。イブキジャコウソウはまだ花数が多く見られ、レブントウヒレン、エゾウメバチソウ、キタノコギリソウがまばらに見られます。その中に背丈と花が小さなエゾコゴメグサを見つけました。とても小さな花なので注意深く探さないと見逃してしまいます。(K.M)
0914gun.JPG
レブンウスユキソウ群生地を見ると秋が深まった感じがします
0914jyakou.JPG
群生地ではイブキジャコウソウの花が数多く見られました
0914umebati.JPG
エゾウメバチソウの花は群生地で点在していました
0914kogome.JPG
小さな花をつけたエゾコゴメグサ
posted by 花観隊 at 10:54| Comment(0) | 日記

2015年09月13日

重い雲が広がる江戸屋山道

秋晴れが続いていた礼文島でも、ここ数日は重たい雲が広がっています。風も吹いていて、薄着で外に出るとすぐに体温が奪われてしまいます。
まさに季節の変わり目。私は油断して風邪をひいてしまいました。
礼文島を散策の際には、冷風への対策をした服装がおすすめです。
江戸屋山道では、満開だったトウゲブキやツリガネニンジンの花はほとんど見られなくなりました。
代わりに、コガネギクが見頃を迎え、斜面を黄色に彩っています。
よく見ると、ハチジョウナやコウゾリナといった花も咲いています。
これらの花も黄色ですので、訪れた時にはじっくりと探してみてください。SK

todo20150913.jpg
トド島展望台からの眺め
暗い雲が広がっていました。

kogane20150913.jpg
コガネギク(ミヤマアキノキリンソウ)
今が見頃で、いたるところで咲いています。

karafuto20150913.jpg
カラフトニンジンとエゾカワラナデシコ
花数は減ってきましたが、まだきれいな花を咲かせています。

hachizo20150913.jpg
ハチジョウナとトド島
posted by 花観隊 at 14:58| Comment(0) | 日記