2015年08月28日

強風吹く礼文林道にて

今朝は雲が多く、少し強めの風が吹いていました。
風は冷たくて、薄いフリースの上にウインドブレーカーを着て丁度良いくらいでした。
元地口の林の中では今年巣立ったヒガラやシジュウカラが混ざった小鳥の群れに出会いました。野鳥達も冬に向けて移動する頃なのかなと考えながら、群れが通過する様子をしばらく観察しました。
林を抜けた草原ではネジバナやハナイカリ、イブキジャコウソウなどの背の低い花やヤナギタンポポ、ツリガネニンジン、ススキの花が見頃でした。そのほか、ヒロハクサフジの花も再び盛り返して目立ち、エゾカワラナデシコの残り花が点々と見られました。小型の蝶ベニヒカゲが強風を避けて草むらの中でじっとしている様子も観察出来ました。(K.M)
0828risiri_1875.JPG
ススキと利尻
0828neji_1879.JPG
ネジバナ
0828ikari.JPG
ハナイカリ
0828beni_1878.JPG
草むらでじっとしていたベニヒカゲ
posted by 花観隊 at 19:14| Comment(0) | 日記