2015年08月01日

久々に青空が広がった礼文林道

今朝は朝から晴れ、水平線から昇る太陽がまぶしいくらいに輝いてみえました。海も比較的穏やかで、船泊では今年2度目の天然昆布漁を行い、香深はウニ漁を行ないました。
礼文林道上空は晴れ、蝶や蜂も日差しを待ちわびてた様に飛び交っていました。そして今年初めてコエゾゼミの鳴き声を聞きました。
林の中ではオオウバユリが見頃です。花に接近するとほのかにあまい香りがしました。
林道沿いはエゾカワラナデシコやキンミズヒキ、シラネニンジン、エゾノヨロイグサが見頃であちこちに見られます。その他にチシマアザミ、ヤマハハコ、トウゲブキ、ミソガワソウ、マルバトウキ、カラフトゲンゲ、ヒロハクサフジ、チシマワレモコウなどの花が見られます。
レブンウスユキソウ群生地周辺ではキタノコギリソウの花数が増え、エゾウメバチソウが咲き始めました。レブンウスユキソウは見頃を過ぎましたが、咲きたての花も見られたのでもう少しの間楽しめそうです。(K.M)
0801nagi.JPG
早朝の利尻
0801oouba_1770.JPG
林内に咲くオオウバユリ
0801tougebuki_1772.JPG
花数が増えてきたトウゲブキとチシマワレモコウ
0801usuyuki.JPG
咲きたてのレブンウスユキソウを見つけました


posted by 花観隊 at 11:09| Comment(0) | 日記