2015年08月31日

ゴロタは今日も晴天

このところようやく天気が安定して、本来のこの時期の天気に戻った感じがします。
心地よい秋風に当たりながらゴロタを散策をすると、澄んだ青い海や遠くに利尻を望むことができました。
秋の花々は徐々に花数を減らしてきましたが、カラフトニンジンは見頃です。マメ科のヒロハクサフジやエゾヤマハギの花が再び盛り返していました。コガネギクの花も徐々に増えてきました。そのほか、キタノコギリソウ、エゾノコギリソウ、トウゲブキ、エゾゴマナ、ミソガワソウ、チシマワレモコウ、ツリガネニンジン、クサレダマなどが見られます。(K.M)
0831risiri_1895.JPG
ゴロタ山から見た利尻
0831karanin_1892.JPG
見頃のカラフトニンジン
0831kusafuji_1894.JPG
ヒロハクサフジとキタノコギリソウ
0831yamahagi_1893.JPG
エゾヤマハギ
posted by 花観隊 at 12:05| Comment(0) | 日記

2015年08月30日

レブンウスユキソウ群生地にて

礼文林道にあるレブンウスユキソウ群生地周辺では、草の葉が赤や黄や茶色に変わり、キタノコギリソウ、エゾノコギリソウ、コウゾリナ、イブキジャコウソウ、エゾウメバチソウ、チシマワレモコウ、シオガマギク、ツリガネニンジン、チシマリンドウ、ハナイカリなどの花の色と合わさって彩り豊かな草原がみられます。これからの時期は色鮮やかに紅葉した葉を探してみたり、同じ種類でも花つきの良いものや背丈の低いものなど様々あるので、違いを見比べるなどしながら散策してみてはいかがでしょう。(K.M)
0830gunseiti_1886.JPG
レブンウスユキソウ群生地
0830tisirin_1885.JPG
チシマリンドウとオレンジ色に変わったチシマワレモコウの葉
0830ninjin_1887.JPG
大型で花つきの良いツリガネニンジン
0830koninjin_1888.JPG
小型で花がぎゅっとつまったツリガネニンジン

posted by 花観隊 at 11:26| Comment(0) | 日記

2015年08月29日

エゾノコンギク咲く桃岩展望台コース

桃岩展望台では秋の花の最後を飾るリシリブシやカラフトニンジンが開花しています。そして展望台に登る車道ぞいにエゾノコンギクも咲きました。もうこの後に咲く花はレブンイワレンゲぐらいです。でも今はツリガネニンジン、トウゲブキ、クサレダマ、ミソガワソウ、エゾノコギリソウなどなど、秋の花が種類も量もいっぱいで賑やかです。
桃岩歩道150827_4526.jpg
お隣の利尻島がこのところよく見えています。
20150827P8270049.JPG
エゾノコンギクは清楚な感じの野菊です。
20150826P8260032.JPG
7〜8ミリくらいの茶色い虫、イタヤハムシがここ数日たくさん見られます。
20150826P8260010.JPG
6月に咲くチシマフウロの返り花、ことしは数が多いようです。
20150826P8260001.JPG
キンポウゲ科のサラシナショウマ
20150826_8261766.JPG
チシマリンドウはもう盛りを過ぎつつあります。
somami
posted by 花観隊 at 17:03| Comment(0) | 日記