2015年07月22日

ゴロタ岬で盛夏の花が見頃です

礼文はやっと夏らしく気温も上がり(最高20℃くらいですが)、薄手のシャツで散策できるようになりました。
晴天の日は日差しが強いので、日焼けや熱中症対策は十分にして下さい。

ゴロタ岬ではエゾニュウ、ミソガワソウ、チシマアザミ、オニシモツケなどの盛夏の花々が見頃になりました。
レブンシオガマは盛りを過ぎていますが、まだ数多く見られます。
キンミズヒキやエゾカワラナデシコの花数は増えてきました。
エゾノコギリソウ、トウゲブキ、チシマワレモコウ、エゾゴマナ、エゾウメバチソウ、ツリガネニンジンなど秋を感じさせられる花々もちらほらと咲き始めています。(K.M)

0721gorofukei_1754.JPG
エゾニュウ、チシマアザミ、ミソガワソウが勢ぞろい
0721kinmizu.JPG
キンミズヒキ
0721umebati_1750.JPG
歩道際に咲くエゾウメバチソウ
posted by 花観隊 at 16:31| Comment(0) | 日記

2015年07月21日

江戸屋山道でトウゲブキが開花しました

礼文島は連日快晴が続いていて、先週の雨続きがうそのようです。
日差しの強い日、海は北の島とは思えない美しい色を見せてくれます。今日も日中の気温が上がり、花の季節がぐっと進んでいます。
江戸家山道では、エゾカンゾウがほぼ咲き終わり、トウゲブキとミソガワソウが開花し始めました。これから礼文島は、夏の花から秋の花へと移り変わっていきます。SK

udo20150721.jpg
江戸屋山道からゴロタ岬へと続く自然歩道からスコトン岬を望む。遠くにトド島が見えます。

touge20150721.jpg
トウゲブキとミソガワソウが開花しました。これから、斜面いっぱいに咲くことでしょう。

waremoko20150721.jpg
白い花を咲かすチシマワレモコウ。
posted by 花観隊 at 16:46| Comment(0) | 日記

2015年07月20日

快晴の礼文林道

今日のような日差しの強い日には、木漏れ日の中の散策がとても気持ちがいいです。ウスユキソウ群生地へ向かう礼文林道コースでは、森林浴を楽しむ事ができます。SK

maizuru20150720.jpg
春に咲いたマイズルソウが実をつけていました。

ubayuri20150720.jpg
オオウバユリがつぼみを伸ばしていました。

yamabuki20150720.jpg
ヤマブキショウマが林道を縁取るように咲いていました。

karahuto20150720.jpg
日のあたる斜面では、カラフトゲンゲが見事な花を見せてくれました。

ferry20150720.jpg
森の中を抜けると、素晴らしい展望があらわれます。
posted by 花観隊 at 10:29| Comment(0) | 日記