2015年06月10日

礼文滝コースの花

礼文滝コース150607_3288.jpg
礼文林道との分岐から礼文滝までは往復約4キロです。ササ原、森林を抜け、丘の急斜面を下り、滝に向かって山間を流れる沢沿いの道を歩く、距離は短いですがアップダウンのあるハードなコースです。途中に沢を渡る場所が2カ所あります。橋はなく、石の上を渡りますが、現在は水量が多いので充分注意してください。渡れそうもないときは引き返してください。
チシマキンレイカ150607_3265.jpg
黄色はチシマキンレイカ、赤はカラフトゲンゲ。
ゴゼンタチバナ150607_3222.jpg
咲き始めたゴゼンタチバナ、葉がまだ芽吹きの赤みを残しています。
エゾツツジ150607_3251.jpg
エゾツツジは背丈がわずか10センチくらいの小低木です。
posted by 花観隊 at 13:29| Comment(0) | 日記

2015年06月08日

江戸屋山道(岬めぐりコース)はチシマフウロが見頃です

礼文島は先週末から肌寒い日が続いています。この週末に江戸屋山道の花を見に行ってきました。
春先は茶色一色だった江戸屋山道。今は草花が育ち鮮やかな緑色に変わっています。緑色の斜面にはチシマフウロの青色の花とイワベンケイの黄色の花があちこちに咲いています。加えて、ネムロシオガマやオオカサモチの白色の花、ハクサンチドリやレブンシオガマの赤色の花が加わり、とてもカラフルです。もう少しで、エゾカンゾウの橙色が加わることでしょう。(SK)

gorota150606_2.jpg
緑が濃くなってきた江戸屋山道
ササ原の茶色と緑色のコントラストが鮮やかです

iwatochishima150606_2.jpg
チシマフウロとイワベンケイが数多く咲いていました

nemuro150606_2.jpg
車道そばに咲くネムロシオガマ

rebunshio150606_2.jpg
咲き始めたレブンシオガマ
posted by 花観隊 at 18:53| Comment(0) | 日記

2015年06月07日

ゴロタ岬の山頂ではチシマフウロ、ネムロシオガマが見頃です

今朝は久々にウニ漁がおこなわれるほど風が穏やかでした。
ゴロタ岬の北側(アワビコタン側)から山頂まで登ってみました。
登り始めてすぐ、山頂に向かって左側の谷筋はシャクの群落が見事です。
右手の急斜面では見頃のイワベンケイがあちこちに見られました。
道沿いにでは咲き始めたばかりのセンダイハギとレブンシオガマが見られ、キジムシロは盛りを越えていましたがあちこちにみられます。マイヅルソウは開花したものが点々と見られました。
山頂周辺ではチシマフウロやネムロシオガマ、そしてオオカサモチが数多く開花していました。(K.M)
20150607syaku_1657.JPG
シャク
20150607iwaben_1656.JPG
イワベンケイ
20150607hagi_1655.JPG
センダイハギ
20150607fuuro_1654.JPG
チシマフウロとオオカサモチ
posted by 花観隊 at 17:13| Comment(0) | 日記