2015年06月19日

チシマフウロ満開の江戸屋山道

ここ数日礼文島は霧に包まれる時間が多くなっています。
昨日の江戸屋山道は日光が射したり、霧で周辺が暗くなったりと目まぐるしく変わり、開花状況を確認する際は霧が濃くなってきました。
個人的には霧がある方が花の色に深みが出ますし、草原の遠くまで咲いている花が確認出来るので好きです。
さて、開花状況です。
チシマフウロは広い範囲でみられ数も非常に多く、レブンシオガマは広範囲にまばらにみられますが一部の斜面で大群落がみられます。センダイハギも広範囲にみられ所々に小群落がみられます。オオカサモチも広範囲にみられ比較的数多くみられます。オオハナウドやエゾノシシウド、エゾカンゾウは数が増えており、一部で見頃になっています。ヒロハクサフジ、ハマナスやオオダイコンソウが咲き始めていました。ネムロシオガマは徐々に数が減り、イワベンケイやハクサンチドリはほぼ終わりです。(K.M)
0619fuuro_1695.JPG
チシマフウロとレブンシオガマ
0619sendai_1697.JPG
レブンシオガマとセンダイハギ
0619hamanasu_1696.JPG
ハマナス
0619daikon_1694.JPG
オオダイコンソウ
posted by 花観隊 at 17:13| Comment(0) | 日記

2015年06月18日

桃岩展望台コースは百花繚乱

今朝は濃い霧に包まれていましたがしだいに晴れて晴天となりました。レブンキンバイソウ、ミヤマオダマキの黄色と、チシマフウロの薄紫が咲き合わせ、オオカサモチの白が加わってとても明るい花畑になっています。
レブンキンバイソウ150618_6181374.JPG
木道にはみ出すように開花したレブンキンバイソウとチシマフウロ
桃岩歩道150618_6181412.JPG
霧が晴れてお花畑の向こうに海が見え始めました。磯舟がウニ漁をしています。空にはアマツバメがしきりに飛び交っていました。
レブンシオガマ150618_6181410.JPG
レブンシオガマの花穂が咲きそろってきました。
20150618_6181281.JPG
チシマフウロは今が見頃です。
エゾノシシウド150618_6181418.JPG
セリ科のエゾノシシウドは照りのある厚い葉が特徴です。
レブンソウ150618_6181416.JPG
レブンソウも見頃です。

somami
posted by 花観隊 at 16:12| Comment(0) | 日記

2015年06月17日

8時間コースの花

8時間コースは、距離が長いうえに、西上泊分岐からはエスケープルートもないため、山道になれた方むきのコースです。ですが、ササ原や樹林帯、海岸線といった変化に富んだコースと、それらの場所で咲く花々が楽しめます。(SK)

iwatsutsuji20150617.jpg
道沿いの開けた場所で、イワツツジが小さな花を咲かせていました。目立ちませんが、ピンクのかわいらしい花です。

amadokoro20150617.jpg
山菜のオオアマドコロが花をつけていました。上から花は見えませんが、覗き込むと大きな花でびっくりします。

tsumatori20150617.jpg
ササ原の中を行く歩道そばにも咲く花があります。ツマトリソウがきれいな姿をみせてくれました。

ezokanzo20150617.jpg
ウエンナイの斜面ではエゾカンゾウが一面に咲いていました。
posted by 花観隊 at 18:02| Comment(0) | 日記