2016年08月29日

桃岩展望台コース キンバイの谷周辺の様子

先日、桃岩展望台コースのキンバイの谷(通称)周辺へ行ってみると、これまで草原を賑わせてきた黄色の花のトウゲブキや青色の花のツリガネニンジンなどの花が減って色合いが寂しくなってきていました。代わりに青い花ではリシリブシがあちこちに見られ、黄色い花はヤナギタンポポが少数見られました。チシマワレモコウ、サラシナショウマ、エゾノコギリソウ、ヤマハハコ、エゾゴマナなどの白い花達は比較的多く残っていました。(K.M)
0827yanagi.jpg
キンバイの谷北側で少しまとまって咲いていたヤナギタンポポ
0827mokudou.jpg
キンバイの谷木道中央部ではリシリブシが多く、チシマワレモコウも数多く残っていて、トウゲブキも小数見られました
0827busi.jpg
リシリブシは蕾を沢山付けた株が沢山あり、しばらく楽しめそうです
0827hana.jpg
青い花はリシリブシ、細長い白い花はサラシナショウマ


posted by 花観隊 at 11:33| Comment(0) | 日記

2016年08月24日

桃岩展望台コースでリシリブシが見頃になりました

桃岩展望台周辺でもリシリブシが見頃になりあちこちで見られるようになりました。この花が咲くと秋の花の終盤の時期になったと感じます。展望台周辺の花も数が減り、徐々に地味な風景に変わってきています。しかし展望台から知床側へ歩くと少しずつ花数が増えてきます。展望台の少し知床側ではエゾノコギリソウ、ヒロハクサフジ、カラフトニンジン、リシリブシが見頃で、ほかにコウゾリナ、キンミズヒキ、チシマワレモコウ、ミソガワソウ、クルマバナなどがみられました。
0823kusa.jpg
展望台の少し知床側
カラフトニンジンとヒロハクサフジが見頃
0823busi.jpg
リシリブシとエゾノコギリソウ
0823waremo.jpg
コザクラテラス(通称)にて

話は変わりますが、昨晩は晴れて星空が広がりました。20時頃、西側の低い空にはさそり座が見られます。8月24日には、さそり座で1番明るい赤い星アンタレスに火星が見かけ上最接近するとのことでしたので、桃岩展望台駐車場近くから観察してみました。写真の中央には土星、中央やや下の大きな赤い星が火星、その少し下の小さな赤い星がアンタレスです。漁り火の影響で低い位置にある星が見えずらくなっていましたが、これらの星ははっきりと確認できました。(K.M)
0823hosi.jpg
8月23日20時頃の夜空
posted by 花観隊 at 18:03| Comment(0) | 日記

2016年08月23日

礼文林道で花と虫の観察

この時期、礼文の草原ではシジミチョウ、セセリチョウの仲間や、本州では高山チョウとして知られるベニヒカゲなど小型のチョウのほか、マルハナバチの仲間が飛び交う姿がよく見られます。
礼文林道は道幅が広いので、腰を下ろし時間をかけて観察しやすいコースです。
最近はベニヒカゲが増えてきて、度々、花に止まる姿を見つける機会があります。
0823beni1.jpg
チシマワレモコウとベニヒカゲ
0823beni2.jpg
トウゲブキとベニヒカゲ
0823beni3.jpg
エゾノコギリソウとベニヒカゲ

礼文で確認されているマルハナバチの仲間はエゾオオマルハナバチ、トラマルハナバチ、エゾヒメマルハナバチと、レブンアツモリソウの受粉に関係しているニセハイイロマルハナバチがいます。マルハナバチの仲間は性格が穏やかで、近くに寄っても襲ってくることはなく接近して観察しても平気です。
1匹のマルハナバチを目で追うと、数多くある花の内、1種類の花を探しながら蜜を集めている様子が観察できます。種類ごとにも好みがあると思うので是非観察してみて下さい。
0823maru.jpg
イブキジャコウソウとニセハイイロマルハナバチ?
(K.M)
posted by 花観隊 at 18:48| Comment(0) | 日記